AX

どれくらいから高血圧と呼ばれる?

どれくらいから高血圧と呼ばれる?

よく高齢の方や肥満の方などが高血圧になっている、高血圧で薬を飲んでいる、または、高血圧サプリメントを飲んでいるという方を目にします。

 

意外と身近にも少なからず高血圧の方はいるものです。

 

では、実際高血圧とはどれくらいから呼ばれるようになるのでしょうか。

 

もちろん、病院で診察を受けた上で高血圧と診断されれば、当然そうなのですが、病院に行かなくても高血圧になっている方はたくさんいますし、自分が高血圧だともわからない方も少なくありません。

 

高血圧の基準はガイドラインで決まっています。

 

それは、収縮期の血圧(高い方の数値)が140mmHg以上、もしくは拡張期の血圧(低い方の数値)が90mmHg以上とされています。

 

基本的にどちらか一方でも数値を上回れば、高血圧と言われます。

 

つまり両方の数値が基準値未満なら正常血圧となります。

 

また、高血圧といっても大きく分けると3段階に分けられます。

 

T度高血圧は収縮期血圧が140〜159、拡張期血圧が90〜99、U度高血圧は収縮期血圧が160〜179、拡張期血圧が100〜109、V度高血圧が収縮期血圧180以上、拡張期血圧が110以上です。

 

とはいえ、血圧は食後、運動後、朝と晩、その他いろいろな条件によって多少数値は変化するものです。

 

ですので、一度計ってみて問題ないから大丈夫、と思ってはいけません。

 

あくまで毎日しっかりと計測してみて、自分の今の血圧を知っておくことが大切です。

 

また高血圧だからと言って必ずしも薬を飲まなければいけないというわけではありません。

 

まずは、極度の高血圧になる前に、ちょっと高めの方は早めに対策をするといいでしょう。


 

関連ページ

放置していても大丈夫?
高血圧は放置していても大丈夫なのでしょうか?軽度の高血圧であれば、特になんでもなく、正常に戻ることもありますが、年齢と共に悪化してしまうと深刻な問題になってきます。心筋梗塞や脳梗塞など、命に関わる病気を引き起こすこともありますので、軽度の時から、まずは診察を受けることをおすすめいたします。
高血圧の症状について
高血圧の症状についてご紹介いたします。高血圧ははっきりとした自覚症状がないので、気づくのがとても難しいです。やはり、毎日血圧を計ることが確実です。頻繁に頭痛やめまい、耳鳴りなどがある場合は、一度病院でみてもらうか、血圧を計って見ましょう。
なりやすいタイプについて
高血圧になりやすいタイプについてご紹介いたします。まずは、食生活が関係してきます。塩分の多い食事をしている方は要注意です。次にタバコを吸う方も気をつけた方がよいです。また遺伝という方もいますので、周りに高血圧の方がいる方は注意して定期的に血圧を計ってみましょう。
一生飲まないといけないのでしょうか?
高血圧の薬を飲んだら、一生飲まないといけないのでしょうか?高血圧の薬は、血圧を一時的に下げるもので、高血圧を治すものではありません。ですので、高血圧を改善する事ができなければ、やはり一生飲まなければいけません。食事の塩分を気をつけ、適度な運動をして血圧を下げる努力をしていきたいですね。
高血圧の薬で高血圧は治る?
高血圧の薬で高血圧は治るのか?についてご紹介いたします。はっきり言いますと、高血圧の薬で高血圧を治すことはできません。高血圧を治す為には、食生活の見直しや適度な運動、そして生活習慣を改善していかなくてはならないのです。
高血圧の薬は高血圧の予防になる?
高血圧の薬は高血圧の予防になる?についてご紹介いたします。高血圧の薬は正常な血圧の方が飲んだ場合、低血圧となってしまいます。つまり、高血圧の薬は高血圧予防にはなりません。高血圧のサプリメントは薬ではありませんので、高血圧の予防に期待できます。