AX

放置していても大丈夫?

放置していても大丈夫?

今は高血圧の方は少なくなく、実に日本の人口の3分の1の方が高血圧と言われています。

 

しかも、中年以降に限定すれば、さらにその割合は高くなってしまうでしょう。

 

そのため、どこかたいした事がない病気、と安易に思ってしまいがちです。

 

では、自分が高血圧だったとしても、自覚症状がなければ特に放置していても大丈夫なのでしょうか。

 

実際、高血圧というのが血液の圧力が高くなっている状態のことであり、初期の段階、それほど数値が高くなっていなければ、どこかが痛い、といったほとんど自覚症状がありません。

 

実際は、頭痛や腰痛、肩コリ、耳鳴りなど、ちょっとした症状はあるものですが、それらは寝不足やストレス、疲れなどでも起こるものですから、その原因を高血圧のものと思わない人が多いのです。

 

高血圧になってしまうのは、体質や年齢、食生活、生活習慣などいろいろな条件が重なって起こるものです。

 

軽度の高血圧であれば、症状もほとんどなく、正常値に戻る事もあります。

 

ただ、年齢と共に徐々に血圧は高くなっていく事が多いので、放置しているとどんどん悪化してしまうことも起こりえるのです。

 

前述のように、高血圧はたいした自覚症状がありませんし、人によってはかなり深刻な状態になっていても気がつかない方もいます。

 

高血圧は悪化すると心筋梗塞や脳梗塞など命にかかわる病気を引き起こす危険性があります。

 

その他、いろいろな病気を引き起こしかねませんし、高血圧のために治療に支障が出てしまうこともあるのです。

 

ですので、もし高血圧だと思ったら、一度病院で診察を受けてみるか、高血圧サプリメントを利用するなど、何かしらの対策を講じないといけないでしょう。

 


 

関連ページ

どれくらいから高血圧と呼ばれる?
高血圧は良く聞くけど、どのくらい高いと高血圧なのでしょうか?こちらでは、しっかりと数値でご紹介しています。ちょっと気になるという方がいましたら、まず毎日血圧をきちんと計り、ご自分の血圧を把握しましょう。また、早め早めの対策が重要となってきます。
高血圧の症状について
高血圧の症状についてご紹介いたします。高血圧ははっきりとした自覚症状がないので、気づくのがとても難しいです。やはり、毎日血圧を計ることが確実です。頻繁に頭痛やめまい、耳鳴りなどがある場合は、一度病院でみてもらうか、血圧を計って見ましょう。
なりやすいタイプについて
高血圧になりやすいタイプについてご紹介いたします。まずは、食生活が関係してきます。塩分の多い食事をしている方は要注意です。次にタバコを吸う方も気をつけた方がよいです。また遺伝という方もいますので、周りに高血圧の方がいる方は注意して定期的に血圧を計ってみましょう。
一生飲まないといけないのでしょうか?
高血圧の薬を飲んだら、一生飲まないといけないのでしょうか?高血圧の薬は、血圧を一時的に下げるもので、高血圧を治すものではありません。ですので、高血圧を改善する事ができなければ、やはり一生飲まなければいけません。食事の塩分を気をつけ、適度な運動をして血圧を下げる努力をしていきたいですね。
高血圧の薬で高血圧は治る?
高血圧の薬で高血圧は治るのか?についてご紹介いたします。はっきり言いますと、高血圧の薬で高血圧を治すことはできません。高血圧を治す為には、食生活の見直しや適度な運動、そして生活習慣を改善していかなくてはならないのです。
高血圧の薬は高血圧の予防になる?
高血圧の薬は高血圧の予防になる?についてご紹介いたします。高血圧の薬は正常な血圧の方が飲んだ場合、低血圧となってしまいます。つまり、高血圧の薬は高血圧予防にはなりません。高血圧のサプリメントは薬ではありませんので、高血圧の予防に期待できます。