AX

高血圧の薬は高血圧の予防になる?

高血圧の薬は高血圧の予防になる?

病院で高血圧と診断されれば、数値によっては処方された高血圧の薬を飲むことになるでしょう。

 

高血圧になってしまうと、脳梗塞や心筋梗塞、動脈硬化などを引き起こすリスクが高まってしまいます。

 

また一度高血圧になってしまうと、なかなか正常な数値に戻すのも大変なものです。

 

そのため、できれば高血圧になる前に、しっかりと高血圧の予防をする事が大切です。

 

高血圧の予防には、食生活の改善、適度な運動などいろいろな方法があります。

 

では、高血圧と診断される前に、高血圧の薬を飲んでいれば、それも高血圧の予防になるのでしょうか。

 

高血圧の薬はそもそも血圧を一時的に下げるものであり、高血圧そのものを治すものではないのです。

 

ですので、高血圧でない方、高血圧でも軽度の場合には薬は処方されません。

 

ただ、一度高血圧になって薬を処方され、その後対策によって血圧が正常になった場合には、薬は残る事もあるでしょう。

 

また、家族の高血圧の薬を飲む事もできないわけではありません。

 

結論から言えば、高血圧の薬は高血圧の予防にはなりません。

 

あくまで高血圧の方が血圧を下げるために用いるものであり、正常な血圧の値の方が飲んでしまうと、逆に低血圧となってしまう恐れがあります。

 

ですので、もし高血圧ではないが血圧が気になる、という方は薬以外で対策をしていくようにしないといけません。

 

最近では高血圧に効果が期待できるサプリメントもたくさんでています。

 

こちらは同じように錠剤とはいえ、高血圧の薬とは別物ですので、予防になります。

 


 

関連ページ

どれくらいから高血圧と呼ばれる?
高血圧は良く聞くけど、どのくらい高いと高血圧なのでしょうか?こちらでは、しっかりと数値でご紹介しています。ちょっと気になるという方がいましたら、まず毎日血圧をきちんと計り、ご自分の血圧を把握しましょう。また、早め早めの対策が重要となってきます。
放置していても大丈夫?
高血圧は放置していても大丈夫なのでしょうか?軽度の高血圧であれば、特になんでもなく、正常に戻ることもありますが、年齢と共に悪化してしまうと深刻な問題になってきます。心筋梗塞や脳梗塞など、命に関わる病気を引き起こすこともありますので、軽度の時から、まずは診察を受けることをおすすめいたします。
高血圧の症状について
高血圧の症状についてご紹介いたします。高血圧ははっきりとした自覚症状がないので、気づくのがとても難しいです。やはり、毎日血圧を計ることが確実です。頻繁に頭痛やめまい、耳鳴りなどがある場合は、一度病院でみてもらうか、血圧を計って見ましょう。
なりやすいタイプについて
高血圧になりやすいタイプについてご紹介いたします。まずは、食生活が関係してきます。塩分の多い食事をしている方は要注意です。次にタバコを吸う方も気をつけた方がよいです。また遺伝という方もいますので、周りに高血圧の方がいる方は注意して定期的に血圧を計ってみましょう。
一生飲まないといけないのでしょうか?
高血圧の薬を飲んだら、一生飲まないといけないのでしょうか?高血圧の薬は、血圧を一時的に下げるもので、高血圧を治すものではありません。ですので、高血圧を改善する事ができなければ、やはり一生飲まなければいけません。食事の塩分を気をつけ、適度な運動をして血圧を下げる努力をしていきたいですね。
高血圧の薬で高血圧は治る?
高血圧の薬で高血圧は治るのか?についてご紹介いたします。はっきり言いますと、高血圧の薬で高血圧を治すことはできません。高血圧を治す為には、食生活の見直しや適度な運動、そして生活習慣を改善していかなくてはならないのです。